匠の紹介

親方として培ってきた確かな技術

「こだわりの家づくり」に協力いただいている「匠・職人さん」を紹介します。

家相を考えた家づくり

啓屋ホーム 代表 壽賀啓二

現代の若者は家相を知らない方もいます。また家相と言われても、それがどのように作用するのか分からないかもしれません。家相とは陰陽道が大きく関係した占いようなものであり、どこの方角に何を置くことで凶相になるのかを探すものです。

北東の方角を鬼門、南西の方角を裏鬼門として扱い、これらに置いてはいけないものを置くことで運気が下がったり、その家に住んでいる人は不幸に見舞われるといった仕組みが、今現在でも受け継がれています。家には神が宿ります。私は、家相を重視した家づくりを目指しています。

技術を受け継ぐ

株式会社シオタ電工 代表取締役 塩田正美

電気や水道は、携帯電話と同等くらい生活するのに必ず必要なものです。信頼と実績で電気や水道に関するありとあらゆる作業をサポートします。

時代の流れを敏感に感じ、新しい技術の習得、ステップアップを続けて、皆さまの快適な生活環境・職場環境を保持できるように日々努力しています。

またプロとしてお客様のニーズに合わせ、それにお応えしていきたいと思います。

21歳から今の仕事に携わり

瓜生内装 代表 瓜生文彦

この道一筋内装のプロとして、きめ細かい作業と丁寧な対応で、壁や天井などのクロス張替え工事をはじめ、襖や障子の張替え工事を行っています。

お客様のご要望に合わせて、デザインや機能性豊かな壁紙からベストなものを施工、お客様にご満足いただけるよう、日々努めております。